文字列の中からある1文字の数を検索する方法
  (C) 2001 A c t o r .N e t Soft Ware



 以下に公開するソースなどの著作は 篠田直樹 に復帰します。
原則として無許可で使用する事が出来ますが、ここに書かれている内容を
直リンクや引用などであたかも第三者が作成した様に見せたり如何なる事情でも金銭が発生する行為を禁止します。



例えば、文字の数を検索するには通常、LENを使った方法を使います。

Dim strTemp As String

strTemp = "abcdefaakker"
MsgBox (Len(strTemp) - Len(Replace(strTemp, "a", "")))


しかし、以下のソースを実行してみて下さい。


Dim strTemp As String

strTemp = "abcdefaakker"
MsgBox (UBound(Split(strTemp, "a")))


上の例ではSplitは a という文字を区切りにしますので、その区切りの配列最大数をUboundで返す訳です。
両者は結果として同じ回答を出力しますが、処理は後者の方が速いでしょう。



Copyright (C) 2001 A c t o r .N e t Soft Ware All Right Reserved