CrystalReportの出力方法
  (C) 2001 A c t o r .N e t Soft Ware



 以下に公開するソースなどの著作は 篠田直樹 に復帰します。
原則として無許可で使用する事が出来ますが、ここに書かれている内容を
直リンクや引用などであたかも第三者が作成した様に見せたり如何なる事情でも金銭が発生する行為を禁止します。



' A c t o r . N e t
' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
'□□ http://actornet.hp.infoseek.co.jp/
'
'Copylight(C)2004 Naoki Shinoda



Private Sub Sub_SetCristalRep(ByVal v_str_rpt_FileName As String, _
ByVal v_str_rpt_Title As String)
'出力可否のメッセージ
If MsgBox(str_MsgPrintQst, vbYesNo, "確認") = vbNo Then
Call MsgBox(str_MsgPrintStp, vbOKOnly, "完了")
Exit Sub
End If

With rpt_CristalPrint
'ORACLEなどでODBC接続する場合は必修
.Connect = "DSN=service;UID=userID;PWD=password"
'CrystalReportのファイル指定
.ReportFileName = App.Path & "\" & v_str_rpt_FileName

On Error GoTo Err_Cristal
'クリスタルレポート画面ウインドウサイズの設定
.WindowLeft = 0
.WindowTop = 0
.WindowWidth = 1020
.WindowHeight = 720

'クリスタルレポートの印刷設定
.PrinterCopies = 1
.DiscardSavedData = 1 '保存
.WindowTitle = v_str_rpt_Title

'レポートの出力先  プリンター=1 画面=0
.Destination = 0
'帳票出力を行なうメンバ。
.Action = 1

'終了メッセージ、又はエラーメッセージ
Call MsgBox(str_MsgPrintEnd, vbOKOnly, "完了")
End With
Exit Sub

Err_Cristal:
Call MsgBox(str_ErrPrintStp, vbOKOnly, "エラー")
End Sub


 ODBC接続を行う場合 .Connect にID、パスワードを渡す必要がある。
レポートが出力されない場合、エラーを検出させるには .PrintReport を使うと良い。
正常に接続が出来ていない場合、20536というエラーコードが返される。



Copyright (C) 2001 A c t o r .N e t Soft Ware All Right Reserved