Oracleの接続
  (C) 2001 A c t o r .N e t Soft Ware



 以下に公開するソースなどの著作は 篠田直樹 に復帰します。
原則として無許可で使用する事が出来ますが、ここに書かれている内容を
直リンクや引用などであたかも第三者が作成した様に見せたり如何なる事情でも金銭が発生する行為を禁止します。



コネクションの確立は以下の通りにすれば良い。
Oracleのdllを使って変数宣言を行うとメンバーの名前が出るが、
特にその必要無い場合はObjectで宣言して良い。

' A c t o r . N e t
' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
'□□ http://actornet.hp.infoseek.co.jp/
'
'Copylight(C)2004 Naoki Shinoda



コネクションの確立

Sub Main()
Dim lngErrNum As Long

On Error GoTo ConnectDB_Err

'二重起動禁止
If App.PrevInstance = False Then

'接続宣言
Set objSessin = CreateObject("OracleInProcServer.XOraSession")
Set objDatabase = objSessin.OpenDatabase("tpsora", "system/manager", 0&)

'フォームの表示
frmItiran.Show

Else
'MsgBox "既に起動されています。"
End If

Exit Sub
ConnectDB_Err:

Call MsgBox(cErrConnect, vbOKOnly)

End Sub



コネクションの解放

Private Sub Form_Unload(Cancel As Integer)

On Error GoTo CloseDB_Err


'OracleDB開放
Set objDynaset = Nothing
Set objSessin = Nothing
Set objDatabase = Nothing

Set frmItiran = Nothing

Exit Sub
CloseDB_Err:
Call MsgBox(cErrConnect, vbOKOnly)
End Sub




Copyright (C) 2001 A c t o r .N e t Soft Ware All Right Reserved