Oracleの削除方法
  (C) 2001 A c t o r .N e t Soft Ware



 以下に公開するソースなどの著作は 篠田直樹 に復帰します。
原則として無許可で使用する事が出来ますが、ここに書かれている内容を
直リンクや引用などであたかも第三者が作成した様に見せたり如何なる事情でも金銭が発生する行為を禁止します。



1.NTのサービスを停止

 「コントロールパネル」→「サービス」を起動
 OracleService OracleStart OracleTNS を停止

要するに、Oracleと書いてあるもの全て停止。
(予め、Oracle Administration Assistantに接続して登録されているサービス名を控えておく。)


2.NTのサービスを削除

 DOSプロンプトから全てのサービス名を削除。

 C:\>ORADIM -DELETE -SID サービス名
(削除しておかないと再インストールした時、前回に使用したサービス名が登録できない状態になる。)


3.オラクルインストーラで製品を削除(インストーラは残ります)


4.ORACLE_HOME(デフォルト C:\ORANT)を削除


5.レジストリの削除

 \HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\ORACLE を削除
 注) レジストリの削除は慎重に行なって下さい。
(自己責任において作業をお願いします、当方は一切の責任や保証義務を負いません。)


6.環境変数"PATH"からOracle関係のディレクトリを削除
(大体、ProgramFilesの配下にOracleの不要なディレクトリが残っています。)


Oracle8の場合も基本的には同じです。
UNIXでは、インスタンス、リスナーを落として、物理的に削除でOKです。



Copyright (C) 2001 A c t o r .N e t Soft Ware All Right Reserved