何を今更・・・
  (C) 2001 A c t o r .N e t Soft Ware




今更、ジャーナリストが小泉をバッシングしても遅い。
何故、小泉政権が誕生した時にもっと早く改革の内容について言及しなかったのか。
私は小泉政権が発足する前の段階からこの人が首相になれば日本は何処に向かうのか危うい
方向に行くのではと感じていたがその予感は的中した。
何故、郵政民営化を訴えたのか、それは単純にリベートだ。
当時、郵政が郵便配達における割合がほぼ9割以上を占める中で、
独占的な状態を各運送業者は批評した為だった。
小泉政権が発足した時に郵政の民営化はすなわち都内の利益の出る配達区域を
各運送業者に渡してしまう代償として自民党へリベートを受け取るという公算だ。
小泉政権が発足して1年が経った頃、各運送業者は不満を漏らして郵便配達業に関する撤退を表明する。
概要として、国会の論議で赤字になる区域も配達の義務が課せられる様になったからだ。
なぜ、郵政民営化に拘るのか、それは公約に従っているだけで何の政策もない。
公約を名言した以上、破ると詐欺罪に相当する罪になるので責任を負いたくないだけの為に
実行をしているだけなのだ。
そういった所を、何故先にジャーナリストは突っ込まなかったのか。
郵政は公社化した事によって天下りがエスカレートしている。
ギフトセットなどが良く、郵便局に売り出されているが名を連ねているのは天下り企業で
この天下りと管理職の者が手を結んで配達員には無理な販売目標を押しつけては首にしている。
管理職の者は郵政を退社しても天下り企業で安泰というわけだ。
トヨタ系列の陣営が幹部を占めた事によって酷くなったという。
郵政が民営化された時、まず先に考えられるのは郵便料金の値上げになるだろう。
実質、公的機関として業務が動いているから値上げが起こらないだけであって、配達員の給与はバイトよりも低い。
給与が低くても続けるのは、先々を見て公務員の年金が安定して貰えるからであってそれ以外にメリットはない。
労働基準法に照らし合わせる事になれば郵便料金の値上げは避けられない。
もう一つは郵政が民営化する事でいきなり日本最大の銀行が誕生する事になる、
独占的になり他銀行が潰れていくと時代の流れに沿って独占から軍事志向に走った時、
金融の流れが全て郵政に委ねられる事になると考えると恐ろしい。

 小泉の行ってきた靖国参拝も同じである。
彼の考え方は軍事国家としての道を歩み兼ねない最低の行動だ。
無宗教化した日本に今更とは思うが、宗教の自由を縦にどんな理由があろうと
日本人が祭る靖国を参拝して何が悪い、他国に文句を言われる筋合いは無いという考え方だ。
(言及すれば、参拝の過ちを認めると弱みにつけ込んで外交上、中国や韓国の要求に対して
 不条理な事であっても無条件で受け入れなければならなくなるという考えもある様だ。)
もう一つは自民党内(橋本派の家族会)の公約として靖国参拝を強行する事を掲げ、
首相に乗り上げたという噂もある、馬鹿げた話だ。
宗教の自由を主張するのは勝手だが、首相の立場たる者が堂々とA級戦犯の祭る
神社に参拝を行う事は軍事国家を肯定している様なものだ、常識を考えて間違えている。
どうしてもというのならば、A級戦犯の骨を別の場所に移すべきだ。
中国や韓国の人達は靖国神社自体が軍事国家としての象徴という認識でいる様だ、それ以前に望んでいるのは靖国を潰す事だ。
これは自国が受けた被害を中心に日本を含めた各国が教育を行っているからだ。
理解が出来ていない上で論議を呼んでも、相手が間違えているとばかりに衝突するだけだ。
靖国神社は本来、神教派であり皇族を祭る神社の筈だが、軍隊が政治権力を握ったが為に、
この事実を乱用され、国民は靖国を崇める事により天皇と同じく神になるとホラを吹いて従わない者は処刑を行い、
宗教の自由を奪った経緯がある。
元来、日本は皇族を主軸にしてきた政治であった為、敬うという概念が元々存在し軍隊から強要されるもなく従う風潮もあり、
軍部にとっては戦争を行う上で意識統一させる為に都合が良かったのだ。
この経緯をどれだけの日本人や中国や韓国の者が知っているだろうか。
靖国の存在を否定するべきでもないが、逆に皇族が政治権力の持たない今となっては肯定する理由もない。
(最も昭和初期から昭和天皇の権力は低く、公的な政治的決定権しか持っていないあやつり人形と同じ状態だった。
 アジア諸国の人々が認識しているのは「天皇が全て戦争の指示をしたので靖国は潰すべきだ」的な考えがある様だが少し違う。)

又、日本人の誇りと賞して過去の大日本帝国と繋ぎ合わせる様な教育方針や
政治に向かっている事自体が常識から考えてありえない。
第二次世界大戦で日本が米国に負けたが故に未だ下等扱いされているからなのか?
それとも栄光とは言えない過去の栄光にしがみついて中国が日本の配下であるという下等的な見方や
優越心を得たいだけなのか、明らかに間違っている。
私には今の政治家が考えている事が分からないし、その様にしか見受ける事が出来ない。
何故、自国の利益ばかりに固守して互いの文化を知り、協調していく事が出来ないのか。
何故、意味の無い自己満足的な意地を張らねばならないのか。
私には同じ日本人なのに日本人の政治家達の考える方向性に全く理解が出来ない。
暮らしが安定し、必要な事を忘れた時、大事な歴史という本当の意味での理解を失う。
歴史を勉強して、果たしてどれだけの人間がその経緯を理解し、過ちを繰り返さない様に
努力するものがいるだろうか、皆無に近い。
有名学校に行く、有名学校に行けば収入が安定する、だから勉強を押し詰める。
その勉強が何を意味し、何の為にやるのかという本来の勉強としての目的を失っているからだ。

そして、小泉が一貫している事はこうだ。
「なすび」に対して「きゅうり」と名言し、他人が「なぜきゅうりなんだ」という質問に
「なすびはきゅうりだからきゅうりなんだ」と答える。
「だからなぜ、なすびがきゅうりなんだ?」という他人の質問に、彼は
「きゅうりをきゅうりと呼んで何がおかしいんだ。」という答えを出す。
こんなくだらない押し問答を繰り返すという事は、小泉自身が政治的なスタンスを持っておらず、
地位だけの為に固守している他ならない。
小泉は表の人形であって、実働部隊は参謀が全て仕切っている。
その証拠に小泉の名を売る戦略には手が込んでいて、アイドル的な戦略を出したのも一つの手法だ。
ドイツの政治家を見習うべきだ、このままでは日本の未来はない。




Copyright (C) 2001 A c t o r .N e t Soft Ware All Right Reserved